健康な体づくりのためにやるべきこと

健康な体づくりのためにやるべきこと

健康診断で高血圧をチェック

中高年になるとメタボリックシンドロームと呼ばれる病気を持っている人が増えてきます。これは肥満症、高血圧症、高脂血症、高血糖などの中からいくつかの病気を持病として持っている状態を指します。これらのひとつひとつの病気は、特に痛みなどの自覚症状がなく元気に過ごすことができるものなので油断しがちなのですが、サイレントキラーと呼ばれることがあるように、体内では静かに大きな病気を進行させている場合もありますから注意が必要です。中でも中高年に多いのが高血圧です。血圧というのは時間帯や行動、感情の変化によって常に変動しているものなので一時的に血圧が上がるのは高血圧とはいえませんが、高血圧というのは一日中を通しても常に血圧が基準値よりも高くなっている状態と定義されます。

高血圧というのは通常の病気のように痛みや炎症で気づくものではないので、健康診断や家庭での血圧測定などの気合いによって初めて気づくことが多いものです。放置して対策を取らずに過ごしていると将来的に動脈硬化や生活習慣病を引き起こす可能性が高くなりますので、血圧を管理して必要に応じては治療を行わなければなりません。日常生活で気をつけることでは、血圧を上昇させる塩分を控えるようにする、飲酒や喫煙を控える、適度な運動をする、ストレスを解消させる、睡眠不足を避けるなどの方法があります。また、カリウムにはナトリウムの排出を促進させるさようがあるので塩分摂取による血圧上昇を防ぎます。野菜に多く含まれるので積極的に食べるようにしたいものです。

関連情報

Copyright (C)2017健康な体づくりのためにやるべきこと.All rights reserved.