健康な体づくりのためにやるべきこと

健康な体づくりのためにやるべきこと

健康にとって大敵な高血圧

最近では、非常に脂肪分や油分の多い食事が日本国内でも好まれるようになってきたせいで、高血圧を気にされる方が非常に多くなってきました。昔の日本で食べられていた食事は、野菜を中心として、豆類を主なタンパク源としたとても健康的な食事が食べられてきました。しかし現在では、イタリアンやフランス料理、ヨーロッパなどの料理はもちろん、エスニック料理なども日本国内にいながら気軽に食べられるようになりました。そして、その食文化が輸入されたことによって、日本国内でも肉や油を多用する、高カロリー、高たんぱく、高塩分の食事へとシフトしてきました。

それが悪いと言っているわけではありません。それはもともと、各国で培われてきた非常に重要な食文化です。しかし、エスニックなどの料理は、もともと高温多湿など、日本よりも気温などが高く汗をかきやすい環境で作られてきた料理なため、その塩分や糖分が、濃いのが特徴なのです。しかし、日本ではそれと同じ塩分を補給したとしても到底日常生活の中だけでは消費しきれるものではありません。それゆえ、その消費しきれなかった栄養分が体内に蓄積され、本来体のために有効に働くはずの成分が悪影響を及ぼしてしまうのです。なので、この日本で高血圧を避けて、健康的な身体を維持するためには、塩分を薄めにすることが一番有効な対策と言えるでしょう。また、同時に脂肪の多い食事もたまにはいいかもしれませんが、毎日そういった食事を続けるというのは、避けた方が賢明でしょう。

関連情報

Copyright (C)2017健康な体づくりのためにやるべきこと.All rights reserved.